【お取り寄せ】 木曽さわらの厚口飯台 寿司桶・飯切 60cm おひつ
【お取り寄せ】 木曽さわらの厚口飯台 寿司桶・飯切 60cm おひつ

さわらは桶類に適した素材昔から、飯台にはさわらが使われてきましたその理由は···1.木目が緻密で乾燥による収縮が少ない為、耐久性に優れ、箍(タガ)が外れにくい。2.他の材木に比べ軽い為、飯台にすると軽くて扱いやすい。3.適度な油分が含まれているので、水切れが良く、水周りに強い。酢飯の酸にも強い。4.木曽さわら独特のやわらかな芳香は、酢飯の風味を損なわない。木曽地方のさわら材の赤身の柾目材を厳選しています。 木材には赤身(芯材)と呼ばれる成熟した部分と、白太(辺材)と呼ばれる未熟な部分があります。 赤身は耐水性·耐久性が高く利用価値が高いのですが、白太は成熟度が低い為、柔らかくカビが生えやすいなどの問題があります。 価格の安い飯台やおひつは、この白太を使った?

さわらは桶類に適した素材昔から、飯台にはさわらが使われてきましたその理由は···1.木目が緻密で乾燥による収縮が少ない為、耐久性に優れ、箍(タガ)が外れにくい。2.他の材木に比べ軽い為、飯台にすると軽くて扱いやすい。3.適度な油分が含まれているので、水切れが良く、水周りに強い。酢飯の酸にも強い。4.木曽さわら独特のやわらかな芳香は、酢飯の風味を損なわない。木曽地方のさわら材の赤身の柾目材を厳選しています。 木材には赤身(芯材)と呼ばれる成熟した部分と、白太(辺材)と呼ばれる未熟な部分があります。 赤身は耐水性·耐久性が高く利用価値が高いのですが、白太は成熟度が低い為、柔らかくカビが生えやすいなどの問題があります。 価格の安い飯台やおひつは、この白太を使ったものが多いので注意が必要です。桶類は昔から最終の表面加工はカンナ仕上げが当然でした。カンナ仕上げは、木材の特徴を最大限に生かし、耐水性と耐久性を高め、木製品の寿命を延ばすには欠かせない製造技法です。が、手間がかかり、技術の伝承も現在ではままならない為、ペーパーやすりによる機械仕上げされた商品が増えています。弊社では、「50年使える木製品」を念頭に物づくりを行っておりますので、桶類についてもカンナ仕上げにこだわっています。

守月史貴

タイトルとURLをコピーしました